ドメインの変更時には、URL変更と同じように、リダイレクト処理と内部リンク、XMLサイトマップのURLの変更をしましょう。

そして、旧SearchConsoleでアドレス変更のリクエストを送信します。また、修正したXMLサイトマップの再送信、グーグルアナリティクスの登録ドメインの変更も忘れずに実施すべきです。

公開していたURLを削除する際には、HTTPステータスコード404を返した上で、ユーザーフレンドリーな404ページを作成してください。

期間限定のキャンペーンページは、ページ削除による対応が適切ではありません。

           

                

ページを削除せずに対処すべき例

                  

       

例えば、毎年開催される夏のセールを例にしてみると、セールが開催されるたびにキャンペーンページを作成して、セールが終わったらページを削除するといった運用をすると、検索エンジンからの評価が毎年リセットされてしまいます。

毎年開催されることが分かっているならば、固定URLを使うなどして、ページを削除せずに残すようにしましょう。

商品の販売終了や売り切れというのでページを削除するのは、適切とはいえません。

外部サイトに「おすすめの商品」としてリンクが設置されていると、「おすすめ商品」のクリックで404エラーページが表示されると、売り切れなのか、URLの間違いなのかユーザーにはわかりません。

そのため、販売終了や売り切れ後もページを残して、ページ内でユーザーにその旨を伝えるようにして、他の商品や新しいバーションの商品の導線を設置すべきです。

SEO担当者は、ユーザーのニーズを把握して、それを最も的確に満たす手段を考案して、具現化することです。

SEOの担当者はビジネスの中心的役割を担っているといえます。

                 

                   

SEOとURLの永続化の重要性とは

                           

        

URLの永続化はSEOにとって、とても重要です。

誰でも情報発信ができるというのが、ウェブの利点です。それに加えて、URLでリンクすることでインターネットに散財する情報にアクセスできるのも利点となります。

関連する情報のリンクが様々なウェブサイト同士でされることは、ユーザーはより深い関連情報を探すことが可能となります。

インターネット上に散財する情報同士を相互に参照可能にするシステムにより、それぞれの情報を1つだけの価値を超えて、情報が繋がります。

これがウェブ世界の価値を高めているのです。

このようなことがあるのに、リンク先に遷移してもURLが変更されたりして、情報にアクセスできないということが多くなってしまうと、ウェブの利点が失われてしまいます。

URLの永続化というのは、リンクにりる情報のつながりを支える要素としてとても重要であるといえます。

            

              

Googleのアルゴリズム

                    

      

グーグルは、こういったウェブの利点を活かして、リンク構造を元に関連度や品質を算定するアルゴリズムを採用しています。

SEO対策を行うには、まずアルゴリズムを知っておかねばなりません。

上のリンクは外部のサイトとなるのですが、SEO対策会社の東京SEOメーカーのサイトに掲載されているアルゴリズムのリストです。

これを見て全てを頭に入れるのかは難しいでしょうが、アルゴリズムにはどのようなものが存在するのかを知ることはできるでしょう。

これをふまえて言うと、URLを永続化することはメリットとなります。評価が蓄積されること、SNS上での拡散力が高まる、ユーザーにとって親切といったことです。

URLが変わらないことで、評価が蓄積されます。

他にない情報を長い間、同じURLがで提供することはコンテンツの信頼性、権威性の向上に繋がるのです。

また、URLを変更は、せっかくSNS上で拡散され自然リンクがついたURLも変更されていると評価を引き継げません。

検索エンジンの評価だけではなく、リンクをしてくれたユーザーや、SNSで共有してくれたユーザーからも、信頼を失ってしまうということになります。