「SEO」コンテンツ作りの鮮度

SEO 対策の中で、皆さんのサイトの評価の要素として、情報の「鮮度」といったような評価指標があるようです。多くのユーザーは、その情報の「鮮度」に対して、大変注目をしてもいるようです。もうすでに、熟知しているような古い情報などを、数多く集めたとしても、ユーザーたちにとっては、「つまらないもの」「飽きてしまったもの」というような評価を得てしまうことで、 SEOとしての評価も、同時に下がってしまうでしょう。何よりも、利用者としてのユーザー等の観点からすれば、掲載する情報の鮮度を上げていくということが、コンテンツには求められることとなります。また、このような旬の情報をコンテンツとして掲載することで、一時的に検索結果が上位に浮上するようなこともありますが、これは安定性のある結果ではなく、常に上下するものであると考えておく必要があります。ですから、皆さんが、そのような結果を求めてコンテンツに「鮮度」を求めるということは、運営を混乱させてしまうこともありますので 、SEO の要素として取り入れることは大切ですが、基盤となる対策として用いることはトラブルを招きかねないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です