HTMLは見出しを表現する要素として h要素があります。 h要素は重要度に応じて、h1 ~h6 までの 6段階あり、 <h1> が最上位の見出しを意味します。開始タグ <hx> と終了タグ</hx> の間に、見出しテキス卜を記述します。

SEOでは、見出しが結構大事です。
見出しの有無によって可読性の違いを例示しましょう。同じ文章で見出しがない
ベニスアップデートで着目したいのがローカルSEOです 。今回は、ベニスアップデート後に必ず行うべきローカルSEOを3つご紹介したいと思います。 ローカルSEO は、ざっくり言うならば地域に根ざしたビジネスを運営している方が行う SEO 全般を指します。 では、ローカルSEOではどのような事に気をつければ良いのでしょうか。

ローカルSEO は、ざっくり言うならば「地域に根ざしたビジネスを運営している方が行うSEO全般を指します。

テキスト例の違いは見出しの有無のみです。見出しが挿入されることで、後に続く 文章の「要約」を示し 、文章を「まとまり」ごとに区切り 階層構造を可視化しているため、可読性が高くなっています。見出しは後続する文章の要点を知る手掛かりであり、また、段落ごとに設置することで文章のまとまり
を視覚的に浮かび上がらせます。
さらにh要素は、見出しのレベルに合わせてフォン卜のサイズ・太さが変更
されるため、 コンテンツの階層構造を視覚的にユーザ に伝えることが可能です。結果として 、ユーザーは概観するだけで、コンテンツの概要を理解できます。見出しの役割は、コンテンツを閲覧するユーザーだけでなく、同様に検索エンジンにとってもコンテンツを理解する手助けになると言及されています。

h要素の注意点
h要素を実際に記述する際は、注意しましょう。 h要素の不適切な使用は、 SEOにおいて悪影響を及ぼす可能性があるためです。

  • 階層構造を守る
  • h 要素を多用しない
  • <h1>の見出しテキス卜はページごとでユニークにする
  • スタイルを整えるためだけに使わない見た目のスタイルを整える目的だけで、 h要素を使用することは適切ではありません。あくまでも見出しは階層構造を表すものであり、文章の階層構造に応じて設置すべきです。 レイアウトデザインを整えるには基本的にCSSを利用しましょう。太字を表すくb> タグなどの装飾 タグも存在しますが、文書はHTML装飾は CSSと別ファイルにする方が管理が容易なためです。