ページに問題があったりすると、一度インデックスをされたとしても、インデックスから削除されたりします。

インデックスの減少の原因もインデックスレポートのステータス状況から確認できます。サーバーエラーによるクロールエラーといったことが主な原因のようです。

また、突然、インデックス数が激減したり、ゼロ件になたりということもあります。これの殆どがスパム行為に対するペナルティです。自分のサイトにスパム要素がないか確認しましょう。検索の順位というのは、変動しやすいものです。

また取得工数もかかるということで、1週間に1度程度の頻度で取得すると問題はないようです。対策キーワードが多くなると、手動で雄対策はとても大変な作業となります。

そのため、SeachConsoleAPIを利用して順位取得を自動化しましょう。順位データを取得したら、その変化をEXCELで加工して可視化すると、その変化がよく分かります。

検索ボリュームが大きいビッグワードやビジネスで重要となるキーワードでは、キーワード単体の順位推移を可視化します。

ビッグーワードやビジネスで重要になるキーワードというのは、順位変動が集客数に大いに影響します。

キーワード単位でモニタリングすべきです。ビッグワードと比べて、検索ボリュームが小さい、ミドルワード〜テールワードといったものだと、グループ単位で順位比率をモニタリングするといいようです。

ミドルワード〜テールワードというのは、トップページやカテゴリトップページの下階層の対策キーワードです。

掛け合わせワードといったものが相当しますが、これはキーワード数が多く、把握するためにはグループ単位で可視化しましょう。

            

SEOを操るCraft>TOP